葉見ず花見ず

日記を5年間継続したい

『最貧困女子』を読んだので覚書

貧困から彼女たちを救うのはどうしたら良いのでしょうか?

と上から目線で言えるほどの頭は持ち合わせない私ですが。

 

最貧困女子

最貧困女子

 

 


貧困になってしまう要素

家族や地域や制度と縁がなく、精神障害発達障害を抱えている女子が
貧困に陥っています。

 

ネット難民女子

裕福な暮らしをしていた女子は、父の死後、多額の借金があることがわかり
それが原因で、母親に捨てられました。
高校を中退後、寮のある会社で働き、貯金も貯まります。
夢はパティシエになること。

ある日道に立っていた男にパソコン教室に勧誘され、貯金30万あるにもかかわらずローンをして入会金25万を支払ます。が間もなく会社が倒産し、給料は未払い。貯金を使い果たし、唯一持っていたクレジットカードで借金、最後は闇金に借金。アパートを借りようとするも、働いてないこと、保証人が立てられないので借りることができません。ネット難民になります。アルバイトで収入10万だったかな。


プア充女子(マイルドヤンキー?)

地元に住み続け、高校卒業後地元で働き、収入10万ちょっと。
地元の「イツメン」(いつも一緒にいるメンバー)とつるんでいる。
仲間との連帯感が強く、「シェア」が生活の柱。
そこには強い地元愛があります。
地元を捨てたら負け。
婚期を逃すリスクがあるから、上京したら負け。
早く結婚して早く子どもを産むのが、女子の花道らしい。

 

プア女子はネット難民女子のことを
「同じ収入10万で、きちんとやれないのは努力や工夫が足りないのではないか」
と言ってプア充女子はネット難民女子を叩く。
ワーキングプア生活保護を受給するシングルマザーを叩く。
弱い者がより弱い者を叩く。強い者が弱い者を叩くのではない。弱い者がより自分より弱い者を叩く、叩かれた弱い者はもっと自分より弱い者を叩く。

 

最貧困女子

セックスワーク(売春や性風俗産業)の中にいる。
これは、戦後の戦災孤児少女にとって赤線など売春産業が生き抜くやめの糧となっていたのと同じ。貧困と性産業は常に隣り合っていある。地方から出てきて、渋谷辺りの路上をウロウロしていた未成少女にとってスカウトはホストは仕事や住むところをくれる最低最悪のt路上セーフティネットとして存在する。

彼らも、親の貧困や虐待など複雑な家庭環境に育った者が多い。ここでも、同じような女子が同じような女子をセックスワークに誘うという連鎖が発生。

 

同じように悲惨な生い立ちを抱えていてもデブでブサイクで性格のゆがんだ少女は
商品価値がなく、路上のセーフティーネットの救済対象にさえならない。

 

最底辺女子

障害抱えた女性の売春ワーク。「知的障害の作業所で小銭もらうのか。
自分の力(売春)で稼いでおしゃれをするのか。
知的障害の子だって遊びたい」

 


どうしたらいいのでしょうかねぇ?

弱い者どうし叩き合っていたら、状態はいつまでも変わらないし、貧困の流れも止まらない。助けの手が入らなければ止まりはしないと思うけど、国はあてにならない。わたしが思いつくことなんて、国の福祉制度の充実と貧困女子を福祉制度につなげられるシステムを作ること。教育も大事。性産業も産業の一つ、職業だと認めて制度を作る。

そんなことぐらいだわ。


まったく年齢のせいか、わたしは難しいこと考えると、白髪が増えます。でも最低貧困女子という言葉とそれが現代なのだという社会情勢は覚えておきましょう。

 

そう、わたしだって明日最低貧困おばさんになってセックスワーカー(熟女好き専門)に従事し、いずれ下流老人なる可能性十分ですもの。



参考
セックスワーカー三分類
「サバイブ系」←最貧困女子の多くはここ
貧困の中で生きるため、またその環境から抜け出すために身を投じる。

「ワーク系」
セックスワークや水商売などの夜職を「女を売る商売」として認識し
ある種の職人意識的なモチベーションを持っている。

「財布系」
ワーク意識もなく貧困状態にもないが、財布の中身がさびしいときの副収入として参入する。

 

次に読みたい本

 

 

脳が壊れた(新潮新書)

脳が壊れた(新潮新書)

 

 

 

下流中年 一億総貧困化の行方 (SB新書)

下流中年 一億総貧困化の行方 (SB新書)

 

 

 

下流老人 一億総老後崩壊の衝撃 (朝日新書)

下流老人 一億総老後崩壊の衝撃 (朝日新書)